Staff Blogスタッフブログ

カーテン・ブラインド・ファブリック

続2、左京区へ ドレープカーテンとレースカーテン、タイバックを納品しました

続2、京都市左京区へ、ドレープカーテンとレースカーテン、タイバックを納品しました。

こちらは、以前に弊社オリジナルスライド本箱を、納品させていただいた御宅の、窓掛の納品事例の2回目です。

 

今回は、ダイニングの窓をピックアップしてご紹介いたします。

ブラウン系で落ち着いた印象の内装に、スチールの装飾レール(※カーテンレールは既存のものをご使用)のお部屋。

 

ドレープカーテンは、多色使いや柄物ではなく、単色・生地の質感でニュアンスを表現出来る商品を、

レースカーテンは、柔らかな印象にプラス、全面道路からの視線が気になる窓位置なので、遮蔽性が高い商品をお選びされました。

 

 

 

 

ドレープ・レース共に、オプションのファインウエーブ加工を施しています。

生地によっては、裾にウエーブが出なくて広がる場合があります。この状態が自然な感じで、インテリアスタイルとして効果的な時と、

きれいなプリーツを出す方がお部屋に合う場合とがあります。

今回は後者ですので、オプションのファインウエーブ加工をし、ひだ山をきれいに出しました。

 

 


 

✿ドレープカーテン✿

川島織物セルコン /  FELTAシリーズ FT6103 BE / 2倍ひだ

モール糸使いの無地。ふくらみのあるモール糸の特徴を生かした包み込まれるようなやわらかさ、

厚みがありながら、しなやかでドレープ性が良く、独特の光沢をもつ商品です。

タテ糸に微妙な色ムラのある糸を使い、深みのあるスモーキーカラーが揃っています。

 

✿レースカーテン✿

川島織物セルコン /  FELTAシリーズ FT6601 / 2倍ひだ

一枚吊りもできる中地に近い素材です。

ワッシャー加工(布に不規則なしわをつける加工)がかかっていて透かしたときに陰影が浮かび、さわやかな印象です。

 

 

 


 

ご新居に入居され、カーテンも揃えて…と思われでしたが ちょうどコロナ禍となり、

カーテンをまとめるタッセルは、“共布ではない” それは、ハッキリされていました。

 

ループタッセルの商品を見て選びたい。けど、コロナ禍でそれが出来ない。

ゆっくり考えます。と仰っていただき・・・・・ドレープカーテンとレースカーテンを先にご納品し、タッセルは無いままお暮しでした。

 

今回、FUJIEテキスタイルさまの正規にお取り扱いが出来ることになり

見本帳を開けると、いい感じのタイバック(FUJIEさんの商品名です)が、目に留まりご提案させていただきました。

 

最終候補に残ったのは、こちらの商品ノードメタリコの2点

 

 

 


 

フジエテキスタイルさんのショールームへ行くと、実物を見ていただけますが

M様のお仕事柄、なるべくお出掛けを控えていらっしゃったので、フジエさんに相談してみました。

すると、サンプルをお貸し出しくださりました(^^)

 

 

✿タイバック✿

※一般的にカーテンを束ねる商品をタッセルといいます。FUJIEさんでは、独自にタイバックといいます。

FUJIEテキスタイル  / WDTB 50 ノード BR色

遠目で見ると、ブラン一色のタイバックですが、WDTB 50 ノードは、レザータッチの本体に糸が巻かれています。

光の当たり具合によっては、光沢を感じます。

 

 

ブログの一番上の写真(タッセル無し)と比べると、タイバックがあることでポイントとなり

ウィンドウトリートメントの良さが更に引き出せた気がします(^^)

 

 

控え気味なM様が、素敵過ぎる窓辺を大変喜ばれていらした様子が、私共もとっても嬉しかったです。

ご注文ありがとうございました。

go to top