Staff Blogスタッフブログ

ソファ

上京区へ広松木工さんのFREXソファ168 スチール脚を納品いたしました

 

広松木工さんの FREXソファ1680のスチール脚をご納品でございました🐾

 

お届けは社長が組み立て設置いたしました。

その様子を見ていたワンちゃん🐕が、完成後、少ししてソファにピョンと座ってくれたようで、

写真を撮らせていただいている間はずっとモデルでいてくれた様です。

べっぴんさんやなぁ(*^^*)

 


 

 

お客様は昔からのお客様で、この度、ソファのご相談を賜りました。

設置場所の壁~壁の寸法をいただき3Dを製作し後日メールをお送り。

その後サイズや樹種をお話ししました(^^)

 

それから数か月して、奥様より「家族が増えるんです」と、

これからのご予定をピックアップいただき、

受注生産品の期間を組み込んで何とか年内(2021年)にお届け出来るよう、バッチリ予定通りご納品🌸

 


 

 

こちらの写真は、ご納品後日 お客様よりいただいた1枚です🐾

 

 

本体の樹種は「オーク材×スチール脚」。

座面生地は「HM皮革キャメル」と、バッククッションは6号帆布の「ピエトラ・サンドグレー」でございます🌸

 

 


 

今回、

「白木の床に、白っぽい木ばかりでどう思います?」と、ご質問をいただきました。

 

そう、以前にテーブルも御注文いただいておりました🌸

 

こちらのご質問はよくいただくのですが、ご回答としましては先ず、

「部屋の広さ」「お使いの家具との兼ね合い&本数」が軸となって、その他諸々お話から御宅の様子をひろいます。

なので、一様に「〇〇です」とは言えず、

お家の数だけ、そのご家庭にベストになるようご提案が都度 変わります🌸

 

 

そして今回、おススメしましたフレームの木はオーク材。(広葉樹)

オイル仕上げなので、無塗装よりワントーン濡れ色になるとオークらしい黄みがかった表情に。

 

床の針葉樹とは違い、広葉樹のオークは木の表面密度や、木材の力強さに差が出ます。

それぞれの個性を引き立て合い、

脚のスチールも相まって、LDの空間に家具のアウトラインが綺麗に浮かびました。

 


 

 

座面でお選びいただいた「HM皮革」(エイチエムひかく)とゆうレザー👀

 

※しっとりと、滑らかな肌触りが特徴です。

※使い込むことで色つやが変化し、味わい深い表情となっていきます。

※自然な風合いを損なわないよう、出来るだけ人工的な加工を施しておりません。

その為、表面に傷やシワ、色ムラなどが入る場合もございます。

皮本来の味としてお楽しみください。

と、いった革です(^^)

 

表面をウレタンで覆っていないタイプの革の仕上げなので 水濡れのシミにはご注意ください。

 

そうは言ってもシミがいくとショックで立ち直れないくらい(←大袈裟かもですが(;^_^A)

悲しくなります。

・・・ですが、お客様より聞かせていただいたお話や、わたくしの経験も含め、

時間が気持ちを助けてくれますし、

慣れといえば慣れなのですが、このシミもわたしの暮らしの一部。と、前向きになります。笑

 

苦手な方は革の経年変化が落ちつく迄、

素敵なファブリックを使いながら色や柄を足したりと楽しんでいただければと存じます🌸

 

 

 

ありがとうございました!

 

 

go to top