Staff Blogスタッフブログ

チェアテーブル

左京区へ宮崎椅子製作所さんのPePeチェアとMMテーブルを納品しました

 

昨年の末に宮崎椅子製作所さんのMMテーブルを先にご納品。

一緒にご注文いただいたPePeチェアの完成はもう少し遅れて2月末頃の完成予定でございました。

 

 

さて!

テーブルの樹種はレッドオーク!

天板は珍しく柾目でございます!🌳👀

現在お使いの椅子とセッティングして 先ずは1枚📸

 

MMテーブルの名前の由来は、商品ページでもご案内しているので重複いたしますが、

デザインパートナーであるデザイナーの村澤一晃さんの頭文字「M」と、

宮崎椅子製作所さんの頭文字「M」を合わせたものです。

 

 

<宮崎椅子製作所さんのブログよりPePe sideチェアを持つ右:村澤さんと宮崎社長>

R0062158

 


 

 

MMテーブルは丸みを帯びたやさしいデザインでありながらも、非常にシンプルで様々な場所にあわせやすいテーブルです。(村澤さん)

 

 

 

 

長手部分の切り口の面取りには「甲丸面」(こうまるめん)または「坊主面」(ぼうずめん)とも呼び、

お誕生日席の短手面は「糸面」(いとめん)で、

ほどよいところでフィニッシュされたデザインが洒落ています。

 

・・・と、申しながらも、天板の厚み、脚の太さや、脚の位置、

全て深く深く思考を巡らせたバランスなので、

モノづくりの背景にはどの業種も、

身の回り日常が豊かになればと願われたものであると思わずにいられない

優れたデザインのものは多いように思います(*^^*)

 

 


 

さて、

MMテーブルは幕板のあるテーブル。

 

幕板はテーブルに強度を持たせ、天板が無垢材ならば反り止めの役割も担っています。

また、天板とテーブルレッグとをしっかり固定します。

 

 

 

少し分かりにくいのですが(;^_^A 奥のアームチェアの写真のように、

チェアの肘が干渉しにくいよう、テーブル下に収められるように設計にしています。

 

デザイナーさんが入ったシンプルなデザインとゆうのは、

スタイルに潤いがあるとゆうか趣があるとゆうか、

軽快でプレーンなデザインはどこでも愛用しやすく安心感がありますね🌸(^^)

 

 


 

 

次のご紹介はPePeアームチェア

木部はテーブルと同じレッドオーク材。

 

背板の木目が、レッドオークらしいワイルドで生き生きとした板目ですね。

 

天然木を使用した家具なのでどんな雰囲気のコと縁があるかはやむを得ません。

 

ですが 自分の元にやってきたオンリーワンで唯一無二の存在に(自分の経験上も)

やっぱり嬉しさで見入ってしまうもので、お客様も喜んでくださいました🌸

 

 

 


 

 

椅子の座面はそれぞれに色を変え、食卓を見た時に楽しめるコーディネートを。

色選びは後日お嬢さんが御来店くださりサクッとお選びに(≧∇≦)

 

ワンちゃんと一緒に生活されています背景もあり、

選ばれたEランク生地のラムースには初期撥水加工が施されております。

うっかりこぼしたり、汚してしまうことは誰にでもあるのでお手入れがしやすいラムースをお選びになられました🌸

 

上のオレンジ T-7162番色 、下の青T-7185番色。

お嬢さんが見定めてくださった色の組み合わせ、素敵です☆彡

 

ラムース生地は人口スウェード。

水系ポリウレタンの使用をされ、3歳以下の乳幼児向けにも優しい素材。

細か~~く絡み合った超極細繊維で手触りがなめらかで、

特殊な織物のおかけで優れた強度があります。

 

普段のお手入れは、ブラシをかけるだけです(^^)

 


 

 

昨年末に親子様で御来店くださったとき、

家具を1つづつ楽しんで見て触れて質問くださった時間は

お母様のトキメキが声に表れぽんぽん弾むように明るく、

お嬢さんは楽しみながらもお母様をサポートするようにしっかりご検討なさっておられました🌸

 

 

テーブルを先にお届けした頃に、ちょうどお嬢さんがご実家をでられるとかであれから半年以上が経ちました。

お変わりないかなぁ(´∀`)

 

 

 

ありがとうございました!

 

それでは次回!

over~♪

go to top