Staff Blogスタッフブログ

ソファ

吹田市へ広松木工さんのRIPOSOソファ196+オットマンを納品しました

 

今年の2月。

吹田市へ広松木工さんの RIPOSOソファと同じシリーズのオットマンを納品いたしました。

TOPのお写真、わたくしのお気に入りです(*^v^*)

 

 

 

お届け時季が冬の真っただ中。

気温差でお鼻からたら~~んとなったお子さんの鼻を奥様が拭きながら、

「ザ・ 昭和の子って感じでしょ ! 笑」と、奥様。

 

お花のような満開の笑顔。ニコニコとお顔をこちらに向けてくれるお嬢ちゃんにわたくし、

がっちり 心をもって行かれました。

 

(〃´∪`〃)ゞ

 


 

さて!

この度ご納品しましたサイズは横幅1960のサイズでございます。

ソファの生地は6号帆布。

体操用のマットに使われるなど厚手の生地でコシ・重厚感があり丈夫な生地です。

 

 

6号の帆布でつくる広松木工さんオリジナルの生地は、

ぬくもりと他にはない寛ぎを覚えるような独特の存在感を放つように思います。

 

ストーンウォッシュを施した「ピエトラ」の名を持つ広松木工の帆布は全部で10色の展開。

この度のお色は“ダークグレー”☆彡

 

 

 

店頭で撮った写真はなんだか青みがけっこう出ていますね(;^_^A

ご納品した写真達の方が肉眼で見たときに近いです!

 

ではお届けしました後ろ姿を。

 

 

 

ころんと転がったぬいぐるみ達も、なんとも おおらかで好きな一コマです。

 

 


 

 

本体の無垢材フレーム。

ぐるっとまわったフレームはウォールナット材/オイル仕上げ。

アームと背が交わる上部の仕口は4枚で組まれており、下はほぞ組でがっちり固定されています。

 

 

 

4枚重なった木材がアクセントとなり、

クラフト感を醸しだしています。

接合部分の仕口が、全体の像としていいスパイスになっています。

 

 


 

 

次に座面。

もっちりしたスモールフェザーたっぷりな背と座のクッション。

 

所謂、羽のサイズが大きいラージサイズではないのでカバーにフェザーが擦れガサガサっとしません✨

 

 

 

オットマンと本体のソファの座面を配置換えしたときに片側は長椅子仕様のシェーズロングになるのですが、

縦の長さの有効約135㎝なので長身ご主人様が足を前に出して座っても問題なし。

この全長135㎝は、大幅に空間に出ず、

ほどよくコンパクトに納まってくれるのも嬉しいサイズ感です。

 

 

 


 

そして、

家の洗濯機で洗えるカバーは、ストレスフリーでお洗濯毎にさっぱりと気持ちいいい。

お洗濯毎に生地がふんわりしていく過程も綿100%の風合いを長年にわたって実感いただけると存じます。

 

 

 

お部屋にぴったりの家具が入った場所を見ると、

目と心にうったえるように、

「1日、気持ちよくスムーズにスタートできそうだなぁ」と、そんな清々しいイメージが頭に広がります。

 

新しく仲間入りしたRIPOSOソファがお姉さんの設計された御宅で、その他の家具と快適なバランスとなっておりました。

 

幼いお嬢ちゃん達がのびのびと過ごし、おそとで頑張ったお父さんお母さんが一息つける、

家族を受け入れる「家」をベースに、

各々のインテリアや空気感がお届け時、とても居心地よかったです。

 

ありがとうございました!

 

それでは次回!

over~♪

 

 


 

 

<追記>

トキメクものが我が家に来た結果、家にいるのが好きになりました。と、お声が届きます。

 

誰もが向き合うことになった生活の変化のなか、

あのとき、ちょっと頑張って買ってよかった。数年前に買ったモノをこの数年目に入ればしみじみと、

そんな風に思う事が、わたくしも増えました。

 

生活する場所が好きなモノで整うって最高です。

 

go to top